スィートホームカンパニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 家ルール:後編(10/06/30更新)

<<   作成日時 : 2012/07/25 11:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

追記(08/04/21)
/*/


L:広い家={
f:定義=一世帯あたりの床面積が200m2以上。
f:特殊={
 *初期状態で住みやすさが+10される。
 *家具やアイテムを配置するスペースが広く取れる。
 *以降+50m2ごとに住みやすさが+2される。
 *一世帯あたりの床面積が300m2以上の家は自動的に ”この家は広すぎるため掃除の手間がかかる。定期的に掃除をする、メード雇う、もしくは掃除補助家具を手に入れるんなどしないまま放置すると大変なことになる”という特殊がつく。
 *その効果は以降、家の広さが+100m2ごとにさらに強化される。

#複数世帯で住む場合200m2以下でも共有スペースなどの広さに応じ【広い家】とみなされる場合がある。
#床面積が200m2以上でも店舗など住居としてみなさない部分は広さに含めない。




L:庭が広い家={
f:定義=庭の広さが50m2以上の家。
f:特殊={
 *初期状態で住みやすさが+2される。
 *以降+50m2ごとに住みやすさが+2される。
#庭面積が50m2以上でもガレージなどの施設が設置されている部分は広さに含めない。



L:狭くて住みにくい家={
f:定義=一世帯あたりの生活床面積が60m2以下の家で立地条件、設定などにより住みにくいと判断された家。
f:特殊=
 *家を購入するときにマイルが割引される(−20マイル)
 *初期状態での住みやすさが−10される
}}



L:複数世帯同居ルール={
f:複数世帯同居=同じ建物内に複数のPL、個人ACEが世帯として同居すること。
f:家の特殊同時使用=同居する世帯は建物についた特殊を共用することができる。
f:共用コスト=建物につける特殊の値段をそれぞれ○倍とする。(−は1倍のまま)
f:コストの倍率=同居する世帯数によって変化する。その倍率は世帯数÷2である。ただし2倍以下にはならない。




L:建築資材消費ルール={
f:建築資材=1個につき一軒分の家の資材になる。(ただし2階建ての建物まで)一軒建築ごとに1つ消費する。
f:地上および地下の増設=以降、地上および地下に+2階されるごとに建築資材を1つ消費する





L:藩国合併における家の扱い={
f:家の移動=合併時については家は破棄されない。



L:設置条件における生存判定発生={
f:生活に適さない設置条件=設置場所や設定により決定される。
f:生存判定の発生=生活に適さないと判断された場合*これらの理由から居住に適さず、たまに生存判定が発生する。などの特殊が自動で付くことがある。





L:カタログハウス={
f:定義=SHCカタログに掲載されいる家である。
f:建設=建設には建物の大きさに応じた建築資材、もしくは資源1万tと土地が必要。
f:設計施工={
 *SHCで全て請負い作業する。
 *その代金は20マイルである。カタログハウス購入時に自動で料金に加算される。

f:特殊={
 *SHCの特殊一覧表から任意の特殊をつけてカスタマイズできる。
 *特殊一覧表にないがこんなものが欲しいという場合はSHCの相談窓口から質疑ができる。

f:派生=派生はカタログに記載されているもので固定である。




L:オリジナルハウス={
f:定義=SHCカタログに掲載されていない独自設計の家である。
f:建設=建設には建物の大きさに応じた建築資材、もしくは資源1万tと土地が必要。
f:設計施工={
 *本人の持込、もしくは第三者、SHCへの委託が可能である。
 *その代金は20マイルであり委託した場合は委託先に振り込まれる。
 *SHCへの、図面のみの持込なども可能でその場合は割引がある。
 *第三者への振込みは申請をうけSHCが行なう。

f:特殊={
 *SHCの特殊一覧表から任意の特殊をつけてカスタマイズできる。
 *特殊一覧表にないがこんなものが欲しいという場合はSHCの相談窓口から質疑ができる。
 *また40マイル支払い芝村さんに設計図、外観、内装から家の特殊と派生をつけてもらうこともできる。
 *この場合望んでいたの特殊がつかないかもしれない代わりに通常よりも安い値段で特殊を得ることが出来る可能性がある。

f:派生=希望の派生を相談することができるが、ものによっては追加料金が発生する可能性がある。




追記(08/06/22)
/*/


#施設に関する分類案


f:施設のアイドレス = {
 側面:(施設)と記述される。
 側面:施設カテゴリ及び施設の位置づけを持つ。
 f:施設カテゴリ = {
  側面:施設のタイプに応じた種別である。
  f:施設のタイプ = {
   f:国家施設 = 国家規模の施設のカテゴリ。国レベルで効果を発揮する能力を持つ。
   f:建築物 = 建築物単位などの小規模な施設のカテゴリ。利用する
  }
 }
 f:施設の位置づけ = {
  側面:施設の詳細な分類を表したものである。
  f:施設の詳細な分類 = {
   f:生産施設 = 食糧生産地、のような生産関連施設のこと。資産が増減する。
   f:工場 = アイドレス工場のような工業関連施設のこと。資産が増減する。
   f:宗教施設 = 神殿、神社のような宗教関連施設のこと。
   f:交通機関 = 打ち上げ、輸送システムなど輸送関連施設のこと。
   f:消防機関 = 災害対策の中心となる消防機関のこと。
   f:医療機関 = 医療に関する機能を有する医療関係施設のこと。
   f:家 = PLACE及び個人ACEを設置できる住居関連施設のこと。
   f:店舗 = 購買機能を有する商業関連施設のこと。
   f:軍事施設 = 戦闘に関連する機能を有する軍事関連施設のこと。
   f:特殊施設 = 特殊な機能を有する施設のこと。
  }
 }



修正(08/07/10)
/*/



L:住宅保険ルール={
f:住宅保険={
 *SHCが保険加入受付中で家の周辺が戦場指定がされていないとき加入できる。
 *加入している家が破壊された場合無料で建て直しができる。この効果は一度きりである。
 *保険効果を使用後、マイルを払えば再度加入することができる。
 *住宅保険をかけるために必要なマイルは40マイルである。

月別リンク

家ルール:後編(10/06/30更新) スィートホームカンパニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる